ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラグインハイブリッドカー (Plug-in Hybrid Car) は、電気自動車とハイブリッドカーを掛け合わせた自動車のこと。電気自動車の環境への大きなメリットは、走行時にCO2(二酸化炭素)が発生しないことだが、デメリットは、1回の充電で走行出来るのが数10~100km余りなので、街中などの近距離の走行には向いているが、長距離の走行には向いていないことであった。

カーエアコン暖房も電池に負荷がかかりすぎて使用が制限されるほどだ。

そこで、外部(家庭用コンセント)から夜間電力などでバッテリーに充電(プラグインの所以)しておいて、モーターのみで電気自動車として近距離走行する一方、長距離走行時にはガソリンエンジンなどが自動的に稼動する、プラグインハイブリッドカーが注目されている。
... 続きを読む
スポンサーサイト
レクサスからRXのハイブリッドが発売された。 レクサスRXはハリアーの後継モデルで、3.5リッターモデルのRX350とRX450hとなった。

注目を集めるのはやはりハイブリッドモデルのRX450hとなるでしょう... 続きを読む


新型インサイトは国内の発売に先立ち、「2009年北米国際自動車ショー」で、市販仕様が世界初公開された。日本では2月6日発売開始された。

2代目では実用燃費の向上を目指し、エコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)が全車に標準装備されています。

... 続きを読む


現行のシビックハイブリッドは2005年11月22日に発売された。

基本的なハイブリッドシステムは初代と共通であるがバッテリ、モーター、エンジンともに性能面で改良されました。

エンジンは従来通り1,300cc直列4気筒であるが、「3ステージi-VTEC」となり、これまでの停止時のエンジン停止に加え、モーターのみの走行モード(一定条件時)が新たに加わった。... 続きを読む


エスティマハイブリッドは2代目のエスティマから追加発売されています。トヨタではプリウスに次いで2番目、ミニバンでは初となるハイブリッドカー。

前輪はアトキンソンサイクルという特殊なエンジンを使用した2400ccのエンジンをCVT、後輪は発電機を兼ねるモーターのみで駆動するE-Four(後にクラウンなどでも採用)を採用した。... 続きを読む

2003年9月1日フルモデルチェンジ した現行の2代目プリウスは搭載される駆動システムをTHSIIとし、ボディも先代より大型化し、形状も4ドアセダンから5ドアハッチバックになった。

... 続きを読む
ハイブリッドカーの高性能な燃費を支える主要部品であるインバータや駆動用のHVバッテリー等は、走行時に発生する熱や電圧、あるいは充放電サイクル等によって必然的に劣化する「消耗品としての性質」を持っている。

そのため、車両やエンジン本体の寿命よりも短い周期で、ハイブリッドシステム用部品の交換が必要となる。... 続きを読む
現在のハイブリッドカーに主に使用されているニッケル水素電池は、安全性の高さからトヨタ・ホンダのハイブリッド車に採用され、現在の主なハイブリッド車のバッテリーとして広く使用されている。ハイブリッド車の電池寿命としては国内では5年、10万キロを保証としているので、実際にはもっと長い期間使用できると思われる。... 続きを読む


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。