レクサス初のハイブリッド専用モデルHS250hとは?など、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月14日、トヨタのレクサスブランド初のハイブリッド専用モデル「HS250h」が発表されました。
同日より全国のレクサス店で発売を開始したそうです。 HS250hの開発コンセプトは、「地球並びに人との調和」と「上質との調和」。 

ハイブリッドシステムの搭載により、プレミアムセダンとしては群を抜くリッター23.0kmの10・15モード燃費に加え、植物を原料としたエコプラスチックを内装部品に積極的に採用し、環境への配慮を大きく打ち出しています。

空力を重視してデザインされたボディは、全長4700mm、全幅1785mmで、ほぼISとGSの中間に位置する大きさ。 搭載エンジンは2.4リッターのアトキンソンサイクルエンジン。

モーターとの組み合わせで、最高出力190psというゆとりある動力性能を実現している。駆動方式はFFを採用する。グレード構成は、ベースグレード、バージョンS、バージョンI、バージョンLの4タイプで、価格は395.0万~535.0万円(消費税込み) となっています。

レクサスではガソリンエンジン車と同じボディのハイブリッド車もかなり出ていますが、ハイブリッド専用としては初めての車だそうです。

新型プリウス同様、モーターのみでも僅かな距離なら走行が可能ということで、近未来カーとしてのブランドイメージが確立されましたね。

HS250h

(一部引用:ヤフー自動車


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。