ハイブリッドカーの電池寿命は?など、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在のハイブリッドカーに主に使用されているニッケル水素電池は、安全性の高さからトヨタ・ホンダのハイブリッド車に採用され、現在の主なハイブリッド車のバッテリーとして広く使用されている。ハイブリッド車の電池寿命としては国内では5年、10万キロを保証としているので、実際にはもっと長い期間使用できると思われる。
プリウスユーザーの中には30万キロ電池交換なしで走行したというユーザーもいるらしいですが、現在携帯電話やパソコンなどで用いられている、小型化・軽量化に加え、充電効率が良く、メモリー効果(*1)がないなど環境保護に優れた性能を発揮することから、これまで主流だったニッケル水素電池に代わるエネルギー源として急速に市場を拡大しています。

リチウムイオン電池が将来的にハイブリッド車にも採用されることになりそうです。排出ガスの低減や燃費向上など自動車への規制強化を背景に、今後もハイブリッド自動車や電気自動車、燃料電池自動車の実用化が加速すると予想されており、電池寿命は今後も延びていきそうです。


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。