ハイブリッドカーでも本格スポーツカーなど、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約20万ユーロ(約3200万円)で販売されているアポロ
約20万ユーロ(約3200万円)で販売されているアポロ

モータースポーツの頂点であるF1では、回生ブレーキの導入が予定されています。これはハイブリッドカーで培った技術で、一部のコンパクトカーには既に市販車(ハイブリッドではないが)で導入されています。

制動時に発電を行うことで、今までは単純に捨てていたエネルギーを回収しているのです・・・。そうこうしているうちに、かなり本格的にハイブリッドカーによるレース参戦が活発化しています。しかも、物凄いスポーツカーまで出来ているようです。
レクサスRX400

レクサスRX400(日本名ハリアー)にてニュルブルクリンク24時間耐久レースに世界で初めてハイブリッドカーで参戦したのは、日本のトヨタです。ニュルブルクリンク24時間耐久レースはお祭りのようなもので、本格的な参戦もあれば、草レース的要素もあるもので、参加費さえ払えば基本的に誰でも参戦できるものです。

1100kgの車重ながら、最高出力は650ps!

しかし、今年はドイツのグンパート社が本格的なスーパーハイブリッドスポーツカーで参戦することを発表しました。グンパート社はアウディクワトロ社に勤めていたローランド・グンパート氏が、ドイツのチューナーMTMの代表を務めるローランド・マイヤー氏と設立したドイツの新興スポーツカーメーカー。その代表作が「アポロ」というスーパーカーです。エンジンはアウディ製4.2L V8にツインターボチャージャーを搭載した、かなりのモンスター。1100kgの車重ながら、なんと最高出力は650ps!

そんなアポロをベースに、F1に採用される回生ブレーキと100kWモーターを組み合わせたハイブリッドカーを作り上げたのです。エンジンは3.3L V8のツインターボに変更してあるそうです。これからはレースの世界もなるべくエコフレンドリー、ということかもしれません。

5月24日に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースにはアウディのR10TDIやプジョー908HDiといったディーゼルマシンも参戦するとのことです。なおアポロハイブリッドを運転するのは元F1レーサーのハインツハラルド・フレンツェン氏だそうです。


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。