プラグインハイブリッドカーとは?など、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラグインハイブリッドカー (Plug-in Hybrid Car) は、電気自動車とハイブリッドカーを掛け合わせた自動車のこと。電気自動車の環境への大きなメリットは、走行時にCO2(二酸化炭素)が発生しないことだが、デメリットは、1回の充電で走行出来るのが数10~100km余りなので、街中などの近距離の走行には向いているが、長距離の走行には向いていないことであった。

カーエアコン暖房も電池に負荷がかかりすぎて使用が制限されるほどだ。

そこで、外部(家庭用コンセント)から夜間電力などでバッテリーに充電(プラグインの所以)しておいて、モーターのみで電気自動車として近距離走行する一方、長距離走行時にはガソリンエンジンなどが自動的に稼動する、プラグインハイブリッドカーが注目されている。
例えば、トヨタプリウス系の現在テスト走行中のプラグインハイブリッドカーでは充電電池容量2.6kwhであり、最長13kmを電池のみで走行可能である。したがって買い物や子供の送迎程度ならガソリンを使わずに走行できる。

2009年現在のハイブリッドカー用の電池に用いられているのはニッケル水素電池が主流(トラックを除く)で、プリウスで言えば電池だけでは7kmも走れない。

プラグインハイブリッドでは電気の使用量が多くなる為、より大容量の高性能リチウムイオン電池が求められている。そのためには、電池だけで30km以上走行できる充電容量を持つ高性能電池の開発が望まれる。

プラグインハイブリッド(プリウス)


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。