プリウスとインサイトの比較など、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃費チャンピオンを狙うトヨタのプリウスとバリューフォーマネー戦略のホンダを比較すること自体に無理があると思うが、あえて比較してみたいと思います。

トヨタのハイブリッドシステム「THS-Ⅱ」は、エンジンの最も効率のいいところだけを使って、不得意なところはモーターによって補うように制御されている。頻繁にアイドリングストップを繰り返して燃料をカットし、わずかな減速でも回生ブレーキを使ってエネルギーを回収する。そうした細やかな制御を行なうことで、10:15モード燃費ではガソリンエンジン車の倍近い低燃費をたたき出している。
エンジンはモーターと並ぶ動力源のひとつに過ぎないと考えているトヨタに対して、ホンダは、あくまでエンジンが主役だと考えている。ホンダの「IMAシステム」は、エンジンの効率を究極まで高めた上で、どうしてもエンジンが苦手なところをモーターで補う仕組みだ。

トヨタほど複雑なパワーエレクトロニクスも積まないから、比較的、低コストでそれなりの燃費向上を目指すバリュー・フォー・マネー戦略を採っている。

このように現在のメインストリームであるハイブリッドは、平たく言えば、トヨタに代表される2つのモーターと複雑な仕組みを使って大幅な燃費向上を目指す「ストロング・ハイブリッド」と、ホンダに代表される1つのモーターを使ったシンプルな機構でそこそこの燃費改善を行なう「ライト・ハイブリッド」の2種類に分類される

インテリアや外観、乗り心地などはそれぞれ好みが分かれるところだと思うのであえて、ここでは比較をしないでおこうと思う。ハイブリッド車として一番注目されるであろう燃費性能と、機構が複雑になること、生産台数が少なく割高になるコストを極力低価格に抑えたホンダ。

それぞれ一長一短あり、また搭載するエンジンがプリウスが1,800ccに対して、インサイトは1,300ccと車格も異なり、個人的には本来ならインサイトのワンランク上のシビック・ハイブリッドとプリウスが比較されるのが正しいのではと思う。

あえて比較するならモーターを中心としたエンジンを積んで電気自動車に近いフィーリングをもつ燃費性能が高いプリウス、ボディサイズを小さくし、エンジンを中心にモーターを補助的に使うインサイト、当然今までの車に近いエンジンのフィーリング、燃費も良くて、乗って楽しいのはインサイトということになりますね






Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。