【トヨタ SAI 発表】高品質、秘密は生産ラインにありなど、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボディを共用するレクサス『HS250h』に比べるとSAIはソフトなサスペンション特性。タイヤは18インチと16インチ仕様があり、実用性からいうと圧倒的に16インチモデルに軍配が上がるのだが、高速及びハンドリング重視のドライバーには18インチモデルがオススメ。
18インチモデルは速度に関係なく直進時のステアリングの座りがしっかりとしていて特に80km/hを越えた速度域で卓越したハンドリング特性となっている。ステアリングを切り始めてフロントにヨーモーメントが発生し、フロントサスペンションがロールして旋回が始まるまでのプロセスがとても自然にスポーティー。

16インチモデルのアルミホイールはデザインを無視して徹底的に軽量化を実現している。そのため空力を考え樹脂製のカバーが取り付けられている。ちょっとF1マシンみたい。トランクのリヤエンドをロウ付けして直角のプレスラインを出すなど(国産初)、軽量化とリサイクルに真剣に取り組んでいる非常に完成度が高いクルマとなっている

価格帯338.0万~426.0万 10・15モード燃費 23km/h とミディアムセダンとしては大変優秀な燃費性能と静かさ、乗り心地を備えた小型高級車となっている



Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。