新たなレクサスのエントリーモデル  CT200hなど、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レクサスの新時代を切り開くプレミアムコンパクトのCTは、同ブランドのエントリーモデルにあたる、ハイブリッド専用モデル。パワートレインはプリウスと同じタイプの1.8Lエンジン+レクサス・ハイブリッドドライブ技術を組み合わせた1種類で、駆動方式はFFとなっている

10・15モード燃費は、ベースモデルで34.0km/Lが実現されており、実用でも20km/lは十分可能な省燃費となっている。
外観はレクサスの特徴であるロングルーフを採用しており、車高を落とした低重心な印象で、走りを感じさせるシルエットとなっている

新開発の足回りや、ステアリングのパドルシフト、加速フィールやステアリングの手ごたえ、メーター表示などを切り替え可能なドライブモードセレクトが採用されるなどスポーティさも追求されているが、今後エンジンが上位モデルのHS250hの2.4Lのハイブリッドエンジンなどと組み合わせる予定もあり、購入を予定されている方は様子を見た方が良いかもしれない


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。