ハイブリッドカーの歴史など、ハイブリッドカーのシステムや問題点、インサイトやプリウスなどハイブリッドカーに関する情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1986年にフィルディナント・ポルシェが発表し、1902年からオーストリアのローナー社が製造したミクステ車(ローナーポルシェと呼ばれる車の一種)は、車輪を駆動するのに電気モータを使い、エンジンで電気を発生させたシリーズ方式だった。

その後、米国のウッズ社やオーエン。マグネティック社などがハイブリッド車(主に非力だったガソリンエンジンのアシストを目的とする)を開発したが、ガソリンエンジン技術が飛躍的に発展したため、ハイブリッド車は次第に注目されることはなくなっていった。

1959年にトランジスターを用いた現代的な電気自動車として開発され市販されたヘニー・キロワットにおいて、電子的な速度制御技術が開発されこれがハイブリッドカーを一歩進めることになった。

1970年代に大気汚染が社会問題となり、排出ガス対策と省燃費が国レベルで求められるようになり、各自動車メーカーがハイブリッド車の研究開発を行っていたが、石油の安定供給がなされ、ガソリンエンジンでの排気ガス対策が進むようになると、ハイブリッドカー研究は縮小された。

1980年代に入り、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ社がハイブリッド車の試作を行ったが、市販にはいたらなかったが、1994年にハイブリッド車に積極的だったアウディがアウディ80DUOというモデルで初の市販車を発売したが、高価で実質売れなかった。

1997年にはトヨタのマイクロバスコースターで燃費改善のため、シリーズ方式がハイブリッド化、1997年10月に初代プリウスが発売されると、1999年にはホンダがインサイト、2000年には日産のティーノが発売されると、各社から、ハイブリッド車が各社から販売されるようになった。

トヨタは、エスティマやクラウン、アルファード、ハリアーなど幅広い車種にハイブリッド車を設定し、ハイブリッドのシリーズ車種で100万台を販売、全世界で注目を集めることになった。

今日、ハイブリッド車は乗用車のみならず、バスやトラックに波及している。

現在のハイブリッドカーは日本のメーカーが主導していることもあり、環境に優しい車として評判が高い。市販されているハイブリッド乗用車では、10万キロのLCA評価で同クラスガソリン車よりも2割?3割の二酸化炭素排出量が削減できます。

その削減量は従来のガソリン車では到底実現できないものと言われています


Copyright © ハイブリッドカーとは?ハイブリッドカーの比較と総合情報 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室
車選び車税金ハイブリッドカー| 新幹線料金表エクストレイルプリウス自動二輪免許エスティマレガシーアルファードインサイトタントカスタムローン金利計算インクライン石垣島レンタカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。